IPO投資

チームスピリットが上場!IPO投資の初値予想!!

チームスピリット上場 IPO初値予想

チームスピリット(4397)が7月25日に上場することになりました!

チームスピリット(4397)がどんな会社なのか?初値がどうなるのか?について考察しました!

チームスピリット(4397)が上場! チームスピリットってどんな会社?!

チームスピリットは、

TeamSpiritという、
変化に挑戦する企業に選ばれる
「働き方改革」プラットフォーム
を運営する会社です。

勤怠管理工数管理など、従業員が日々利用する機能を融合し、
従業員が意識しなくても働き方のデータを収集。
一人ひとりの働き方をリアルタイムに可視化できるクラウドサービスということですが、

主要な機能としては、

  1. 勤怠管理
  2. 工数管理
  3. 経費精算
  4. 電子稟議
  5. 働き方の見える化

を解決できるプラットフォームを運営しています。

ちょっとわかりにくいですが、オフィシャルHPのTOP画面からみれる
動画で機能紹介をみたら、感覚的にどんなものかわかりやすかったです( *´艸`)

チームスピリット 機能紹介

リンクを貼りたかったんですけど、VIMEOのページがリンク貼れなかったので、
見たい方は、オフィシャルHPを是非のぞいてみてください(*’▽’)

TeamSpirit(チームスピリット)ってスゴイの?!

第一印象としては、勤怠管理経費精算とかって、

すでにどこにでもあるシステムなんじゃないの?!

って思ってしまいました!

例えば、「勤怠管理システム」で調べてみたときに、BOXILさんのサイトで44個ものシステムが紹介されていました。

BOXIL:勤怠管理システム比較44選 | クラウド | 価格・特徴 | 基礎知識も

すごい数の競合がありますが、評価を見ていると、かなり高い評価を受けているようでした!

実際にどのくらいの会社がTeamSpirit(チームスピリット)を採用しているの?

  契約人数 契約者数
H24.8 2,811 34
H25.8 11,736 116
H26.8 23,691 250
H27.8 46,335 423
H28.8 71,593 616
H29.8 98,900 795
H30.5 129,944 932

スゴイ伸びています!!!

これは驚きの伸びですね・・・

これだけの競合がいる中で、こんなに伸ばしているのは、

恐らくユーザビリティが非常に高いのではないかと想像しています。

TeamSpirit(チームスピリット)の導入企業をのぞいてみた・・・

TeamSpirit(チームスピリット)の導入企業については、HPにて紹介されています。

本当に多くの有名企業が導入しているようですが、私が「おぉ!」と思ったのは、

Sansan(クラウド名刺管理アプリの会社)さんや、
あしたのチーム(クラウド人事評価の会社)さんなど、
新進気鋭のクラウドサービス提供会社が、

勤怠管理システム等のクラウド化でTeamSpirit(チームスピリット)さんを採用している点です。

●SansanさんがTeamSpirit(チームスピリット)導入決定したポイント

導入にあたり様々なサービスを検討したがフィットするものが見つからなかったが、TeamSpiritは柔軟性も高くユーザインターフェースも優れており、これしか無いと判断した。

●SansanさんがTeamSpirit(チームスピリット)を導入した後の評価

最後までレガシーだった勤怠管理システムをTeamSpiritによってクラウド化とペーパーレス化を実現させた。そしてTeamSpiritはリモートワークの実践に大きく寄与している。

(参照:TeamSpirit(チームスピリット)HP-導入事例-Sansan株式会社様

TeamSpirit(チームスピリット)は、品質の高いクラウドサービスを自社開発している、まさにIPO銘柄としては注目業界の企業といっていいのではないでしょうか?!

ヒヨコちゃん
ヒヨコちゃん
他の分野のクラウドサービス提供会社さんが使ってるって、確かに、いいシステムなのかなって思うね~

ヒヨコのママ
ヒヨコのママ
そうよね!ブロガーがおススメするブロガーって、面白いもんね!

ヒヨコちゃん
ヒヨコちゃん
ん??

TeamSpirit(チームスピリット)の業績をチェック!!

チームスピリット 業績

毎年の契約者の増加が積みあがって、第22期には黒字転換していますね!

注目すべきは、表の右端の第22期(直近)の期は、第3四半期ということなので、
9か月分の売上が、第21期を大きく上回っているところかと思います( *´艸`)

素晴らしいです・・・

TeamSpirit(チームスピリット)の注目すべき収益モデル~サブスクリプション型リカーリングレベニューモデル~

TeamSpirit(チームスピリット)の収益モデルは、

サブスクリプション型リカーリングレベニューモデル

といいます!!!

ヒヨコちゃん
ヒヨコちゃん
ママ、ちょっと何言ってるかわかんない

ヒヨコのママ
ヒヨコのママ
前に教えたでしょう?!
よくわからないものは、大きな声で言い切るのが重要なのよぅ 

サブスクリプション型リカーリングレベニューモデルとは、

使用した期間に応じたサービス料をユーザー人数分の定期購読(サブスクリプション)として課金する、

継続収益(リカーリングレベニュー)型のビジネスモデルのことを言うようです。

定期購読者が積みあがって、継続収益が、今期のように損益分岐を上回っているということは、

今後の伸びは、そのままダイレクトに利益に反映されるので、非常にいい財務の見通しになっているといえるのではないでしょうか?!

これは、今後の業績は期待できそうな雰囲気だと思いました!

TeamSpirit(チームスピリット)の初値予想!!

チームスピリット 初値予想

私がIPO銘柄を見るときに注目している指標は、以下の3つです。

  1. 業種
  2. 吸収金額
  3. 想定価格

1.業種

クラウド関連のIT企業ということで、業種的には非常に期待感のある銘柄だと思います!

文句なしの、期待銘柄ですね。

2.吸収金額

吸収金額は、想定価格ベースで5.52億円となっています。

きました、10億未満銘柄!!

小型案件で初値高騰が期待できる規模感です。

IPO 吸収金額
■IPO重要指標 | 吸収金額とは?初値の値上がりに密接な関係が!IPO投資をするときには、当然利益が出るようにしたいですね! 利益が出るIPO投資かどうかを検討するにあたって、 すごく大事な指標の...

3.想定価格

想定価格は、1,000円となっています。

いつもの通り、仮条件が出てくるのを注目しておきたいですね!

想定価格 仮条件
必見!【想定価格】【仮条件】が、初値騰落率に影響するって本当?!IPO投資をしようとすると、特殊な言葉がたくさん出てきます。 その中でも、投資の利益に影響するようなワードは、しっかりと意味を把握した...

想定価格があまり大きくないので、騰落率の割に利益の額が伸びないというジレンマは、毎回やっぱりありますよね~・・・

チームスピリットの上場! IPOの初値予想まとめ

業種・吸収金額・想定価格が申し分ないというものの・・・・

ちょっと気になるのが、やっぱり直前期まで続いていた赤字ですね。

恐らく、増資で資本金と資本準備金をしっかり積んだ関係で約9億円あるものの、

今までの経営成績を反映する利益剰余金は約▲7億円です。

税務上の繰越欠損金は5.75億円と大きいです。

直前期の売上高が8億円弱という水準を考えると、この大きな欠損は、いい印象はないですね。。

でも、上で書いたように、定期購読型のビジネスモデルで、利用者が着実に積みあがって黒字転換にしたということは、

未来の業績への期待が反映される株価というものにおいては、

過去の赤字はそこまで大きく影響しないのではないかと考えています!!

総合的に考えて、評価点は10点満点の8点です!!

2018年の同水準評価点銘柄

2018年に、評価点8点のIPO案件が、初値売却で出た利益は下記の表になります。

企業名 利益額
システムサポート 225,000
アクリート 77,200
プロパティデータバンク 232,000
アイ・ピー・エス 277,000
ヒューマン・アソシエイツ・ホールディングス 243,000
日本リビング保証 334,000
ファイバーゲート 133,800
ジェイテックコーポレーション 745,000

チームスピリットも、初値騰落率100%超で、初値売却益10万円超を願いたいですね!!

幹事証券会社は?

幹事証券会社は以下になります。

  • 野村證券(主)
  • SMBC日興証券
  • 三菱UFJモルガン・スタンレー証券
  • SBI証券

間違いなく積極参加の銘柄です。

しっかり口座準備しておきたいです( *´艸`)

 

ヒヨコちゃん
ヒヨコちゃん
チームスピリットって、なんか情熱的な社名だね~

ヒヨコのママ
ヒヨコのママ
何か伝わるものがあるわよね~
言葉には力があるよね!!

 

(アイキャッチ画像 |Freepikによるデザイン